:人気記事一覧:
後日まとめます。。

2010年05月29日

ダウ下落に?!

ダウが100ポイント超の下落です。マーケットは反発に向かうか?!なんて言われてるだけに少し幅だけみれば大きなものかもしれませんが、あくまで短期的にですが、反発の域にいるようです。

dau.jpg
にほんブログ村
ただあくまで5日線に乗っかり、25日線までの間をうろついただけのことで、昨夜の下落は全く驚くことはないでしょう。そこにうまくスペインの格下げという、半ば強引なタイミングで発表されたもので、それが一応理由付けされたように感じてなりません。
ただ、少し長期的に見た場合...
為替ブログ
続きを読む
posted by F at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月28日

回復はどっちが先か



日本の失業率が発表されました。
4月完全失業率:5.1%(予想5.0%、3月5.0%)
まぁ日本の失業率はそんなにマーケットに瞬時に影響を与えるほど大きなものではなくどうでもいいのですが、ここにきて昨日発表の新規失業保険申請件数からアメリカの雇用の弱さもある程度予想できるわけで、どちらとも依然として低調なままなようです。
しかし回復に向かうのはどっちが先か、アメリカ主導で回復を待つのか気になるところですが、最近の日本を見ているとアメリカの回復とは逆の動きをしていきそうな気がしてなりません。回復せずにグローバルマーケットで日本がどんどん負けていき、弱小化する。そんな感じです。。
日経平均1万ポイント割れで騒がれてましたが、果たして昨夜のダウの反発から同じようにキレイに反発していくのでしょうか...

そういえば失業率ですが...
世界恐慌といわれた1929年の失業率と比べて、それが大きく高まってしまうのはその時ではなくその4.5年後でした。本当に恐慌、不況のメインが襲ってくるのはそれくらいのタイミングになるんでしょうか。しかし今は昔とは違い、早急に大きな手を政府によって加えられ、救済策が盛り込まれているわけですからそういうことは無いかもしれません。
まぁ何にせよ不安であるかもしれませんが、個人個人が割安だと計算できることが一番の戦略ですね。マーケットリスクは反発時に考えないほうがいいわけですし。
ブログ村 為替ブログ
続きを読む
posted by F at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

LION FXがiPhoneアプリ出してた

取扱通貨50種類で1000通貨から取引可能、そしてスプレッドも最強くらすで口座開設キャンペーンに加えて常時いつも口座保持者向けにも還元してくれるキャンペーンを実施してる最近伸びてきてるFX業者のヒロセ通商【LION FX】ですが、遅かれながらiPhoneアプリを出してることは知ってたのですが、5月中旬リリースということで忘れてまして、先ほど気付いて早速ダウンロードしてみました。

そしてすぐに使ってみることにしたのですが…
ログインしないと基本機能すら使えないのですね。。完全に保持者向けに作ったのもいいかもしれませんが、日頃毎日レートチェックするためにわざわざめんどくさいログインしないといけないのはすこぶるメンドクサイ。。この辺は【サイバーエージェントFX】のCymoであったり、フォレックス・トレードのiPalmoに大きく劣るところでしょうか。
ヒロセ通商【LION FX】

特にこれといって特徴的で独特な機能はありませんが、一つ違うのは口座そのものの特性という感じで、通貨の種類の多さでしょう。50通貨をアプリで見れるってのは大きいですね。
その他チャート機能やらニュース機能等は他のFX業者のアプリと変わりません。
これだとやっぱりフォレックス・トレードのiPalmoが今のところ一番使いやすいでしょう。


ということはヒロセは口座保持者向けには万全のサービスを提供するということで勝負してきてるということで、少し閉鎖的でありながらも口座保持者には保持者に対してのキャンペーンやらで自信を持ってるということでしょうかね。
なんか以前よりも保持者向けのキャンペーンが増えています。
取引高に応じたキャッシュバックキャンペーンから、お茶漬け、キムチチャーハン、黒毛和牛ステーキのプレゼントキャンペーン等など...
なんか笑けてくるようなキャンペーンを随時出しております。
1,000通貨単位・50種類の通貨ペア・手数料無料のLION FX

スワップ派として面白いのがトルコリラを扱ってるところですが、ただ、スワップは含み損益として扱われるわけで、振替機能を持ってるわけではないところが残念です。(振替機能を持ってるFX業者は少ないですが…)


posted by F at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | FX口座情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーケットのネタとなりうるのは...

不安定な相場が続いています。一応マーケットコメントからは「リバウンド買い」というのをよく目にするようになりましたが、そういう時に限って一段安が来たりするもので、安易に買いに入ってはいけません。ただ何度も言ってますが当然割安なものはありますので、それに関してはリバウンドやらをそこまで考えず、純粋に買っていくのが無難なんじゃないかと思っています。

dol.jpg

簡単に破れそうなラインすら破れていないわけで、やはりマーケットにはまだ買えない理由というのがあるのでしょう。確かに経済的不安と地政学的リスク等、たくさんの不安要素があるわけで、それがこの方向感のない相場に繋がってるのかもしれません。



為替ブログ

続きを読む
posted by F at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

買いに行く

ここ数日、大きく売られる相場になり、ユーロ市場の色んな懸念材料から北朝鮮の魚雷報道、米国の若干の景気回復鈍化懸念等もあり、非常に(久しぶりに)ボラティリティの高い相場になりました。

dau.gif

そんな中ですが、別にもう反発するであろうという確信があるわけではないのですが、僕としてはもう買いに入っています。
もう耳にタコができるくらい目に、耳にすることだろうと思いますが、あくまでマーケットリスクで売られてる場合、買える水準になれば買っていい、それこそ買う局面であるということなのです。
それでも買うことに対して100%正しいかというとそれは誰も分からないのですが、本質的に「取引」する、もしくは「買う」ということは自分が得をする可能性が高いということですし、この局面で売る人がいれば、ひょっとすると売る方が「得」であることなのかもしれません。
しかしその「売り」はあくまで資金繰り等のマイナス要素からくるその人の個人的な「得」であるならば、値上がりに対して得を見出そうとするならそういう人と、そういう時期で取引しなければならないことは当たり前のことなのです。

確かに10000ポイントでダウが下げ止まる可能性があるかといわれればそれは個人的主観になってしまいますが...
為替ブログ
続きを読む
posted by F at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとしたつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

米国調整入りか?!

昨夜はここ数日の中で一番大きく動いたような気がします。ダウの300ポイント超の下落なんて1、2年ぶりでしょう。なんか懐かしく思いながら、したたかにも買える局面を見極めようと考えておりました。

昨日は少しここ数日と違った動きになってるようです。
なんといってもユーロが反発。110円割れから113円まで、ユロドルに関しては1.25ポイント乗せにまで反発してきました。

yurodor.jpg

これだけみると信用懸念一服として全体的に買われるかと思ったりもするのですが、それに対してドルは急落。ダウも300ポイント以上下落しました。

何故ここにきてドル、ダウは大きく下落したのでしょうか。
為替ブログ
続きを読む
posted by F at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

スワップ振替による指値ヒット

スワップ金利振替による指値がたった今ヒットしました。

ランド円11.60で0.2枚です。
これからも応援よろしくお願いします。。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村


【指標】(米)4月消費者物価指数
【予想】[前月比]+0.1%
    [コア:前月比]+0.1%
    [前年比]+2.4%
    [コア:前年比]+1.0%
【結果】[前月比]-0.1%
    [コア:前月比]±0.0%
    [前年比]+2.2%
    [コア:前年比]+0.9%

「米欧の中銀がユーロ買いの市場介入を準備しているとの憶測」
米連邦準備理事会(FRB)と、欧州中央銀行(ECB)の当局者は、噂にはコメントしないと述べたようです。
posted by F at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | エントリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

予定エントリー

スワップが振替できそうな水準になってきましたので、もう先走って指値を出すことにしました。

rand.gif
ランド円:0.2枚、11.6円
下髭抜きの前回安値ということと、その辺りのポジションが無いのでほんの少しずつでも増やしていこうかなーってことです。
為替ブログ 南アフリカランド

しかし中国は反発したものの、世界的に軟調な展開が続いてますね。米国株はまた下落。でも思うのですが、先日の一瞬の下落からじわじわと切り上げてきてる感もあるわけで、やはりここ半年までの調整局面という見方もできると思うんですよね。
「またか」ってビビって買えない人もいるかもしれませんが、逆張りでいかないと勝てないのも事実です。みんながネガティブになってる時に買えってことですね。
ということでボチボチ株も再び買い始めました。どうやら米著名ヘッジファンド・マネージャーのジョン・ポールソン氏にも買いの動きがあるようで...
為替ブログ
続きを読む
posted by F at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 予定エントリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

ユーログループ議長、ユーロの下落ペースに懸念表明

1.25で一旦ユロドルが反発するかと思いきや、全くそんなことはなく、さらに下値に挑んできました。そしてユーログループ議長であるルクセンブルクのユンケル首相がここ数日の下落ペースに懸念を表明されてます。
※ユーログループは各国間の経済政策の協調を図ることを目的に1997年に設立され、ユーロを採用している国のうち16ヶ国の大蔵大臣・財務大臣で構成

ユンケル・ユーログループ議長
「ユーロ下落ペースを懸念」
「急速なユーロの下落を懸念」
「スペイン政府がとった措置は、勇気がある」
「ユーロは、ユーロ圏財務相会合で集中的に話し合われる」

一方、ユーロ下落に許容的な発言もあります。
レインデルス・ベルギー財務相
「ユーロの下落を懸念せず」
「弱いユーロは、プラスとマイナスの効果」
「ユーロの下落は、欧州南部の財政赤字を反映」
「ユーロ圏経済協調強化を要請」

ペースに問題はあるのかもしれませんが、為替が経済のクッション的な役割も果たすわかえですので、下落に対してはそれほどダメなことでもないわけです。

まぁしかしこのままいくと1.20のラインまではありうるでしょうか。サポートラインから平行に2本ほど引いてみたのですが...
為替ブログ
続きを読む
posted by F at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

ユロドル1.25割れ?!

ユーロに限らず全体的にボラティリティの高い相場になっております。ユーロは現在1.25付近に張り付いた状態で、今にも破られそうな雰囲気を出しつつあります。ギリシャ問題が少しまとまりつつあるのですが、依然として売られるのはユーロに対する投資家の信認の欠損というところでしょうか。
一部では「ユーロ安は、現在の欧州経済のファンダメンタルズ(基礎的諸条件)にとっては良いことだという見方もある」等と言われてるようで、むしろ歓迎ムードがあるのかもしれません。

ユロドルについてですが、現状ここ最近は急ピッチで下げてきてるわけで、相場の停滞具合からするとここで少しアクションがあって下髭をつけて、そこから一旦反発に向かうっていうシナリオもありそうです。



で、気になってた南アフリカの政策金利ですが、南アフリカ中銀は政策金利を市場予想通り、現行の年6.5%で据え置くと発表しました。
南アフリカランドランキング
続きを読む
posted by F at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

ドル円まだま方向感無く・・・

ギリシャ問題はひとまず支援ということで少しずつですが、解決に向かいつつあります…が今回の支援策では完全に市場にモラルハザードを生みだしてしまうわけで、なんか特殊な感じがしてなりません。国債発行して赤字は膨らむけど大丈夫なんだって、オカシイですよね。まあ細かいところの理解不足なだけかもしれませんのでこの先もう少し勉強してみようと思います。
ECBがかなりの規模の国債購入を実施しているようで、ウェリンク・オランダ中銀総裁は「ECBはすでに国債を買い始めている」、「ECBによる国債購入は、かなりの規模」 言ってるようです。
これで終わってしまうんですかね〜・・・。

そして気になるドル円ですが...
ブログ村 為替ブログ
続きを読む
posted by F at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

政府にランド売り介入を要求

このところのランド円の好調ぶりに加えて先日の暴落時の粘り強さ、ランド円にはほとほと強さを感じます。そんな中、少しランド高というか強いランドに対して是正するようなネタが出てきました。
南アフリカランドについてのブログranking

南ア大手製造業12社と主要労働組合が、同国政府に対しランド高を抑制するよう強く要請したようで、南ア最大労組コサツのバビ議長は「製造部門の競争力を維持するため、政府は積極的なドル買い・ランド売り介入を実施するべきだ。政策金利の引き下げも望ましい」と述べたようであり、ドルランドは10.50ランド水準が適切であるとの見解とのことです。

現在1ドル7.5ランド辺りですので、要求通りだとだいぶランド安にならないといけませんので難しいと思いますが、あくまでもランド高に対して嘆いてる人もおられるくらいの水準であるということでしょうか。




人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

RSSフィードアドレス
http://rss.rssad.jp/rss/dxWGWDoOvpPc/rss_0001
posted by F at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

緊急支援基金「欧州安定化メカニズム」からひとまず反発



「日本も長期的に見れば」というか、日本国債の買い手があるだけで、短期的にも充分に本当は危機的状況だと思うんですけどね。危機的というか、本当に危機感を持てというか、そういう感じです。ただただ借金の借り手を作る政策なんてダメですよ。。

さて、バロッソ欧州連合(EU)委員長「市場が"ユーロ安定化プログラム"を理解した」「投資家の信認が回復しつつある」と語ってるように、マーケットはひとまず支援策に対して妥協点なりを見出し、反発に向かってます。
ユロドルですが、1.25ポイントまで下落し、次のポイント入りもその早さからみてありうるかと思ったのですが、急ピッチで反発して戻してきました。

analytic.jsp.jpg

1.30台に乗せましたので、一応レンジは変わったのですが、不安感が払しょくされない限り落ち着いた動きはありえないわけで、レンジ内での動きで縛ることはやめといたほうがいいでしょう。そしてフランス中銀とイタリア中銀が国債買い入れを実施とのニュースが今しがた上がってきました。あくまで噂のようですが、英系金融機関、スイス筋、ユーロ圏の中央銀行のユロドル買いもあるようです。
為替ブログ
続きを読む
posted by F at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

ユーロ圏首脳:ギリシャ支援で合意

欧州連合(EU)のユーロ圏16カ国は7日、ブリュッセルで緊急首脳会議を開き、財政危機のギリシャに対し、国際通貨基金(IMF)と合同で実施する1100億ユーロ(約13兆円)の支援融資を正式決定。
これで少しは沈静化、正常化されるでしょうか。

昨夜のユロドルはまだまだ乱高下してましたが一応反発して終わっております。ひとまず1.25のポイントが注視されるところですね。もうショートで入るのは少し怖いんじゃないでしょうか。
以下、パパンドレウ・ギリシャ首相のEUサミット入りする前のコメントです。

「ギリシャは、前進する固い決心」
「市場に空前の変動が見られる。本日の会合は非常に重要」
「我々は、我々の経済や通貨に対する自信を再確認する、これが世界経済回復に非常
に重要なメッセージとなる」
「ギリシャ国民は、過去数ヶ月間経済危機の痛みに耐えてきた」
「ギリシャ政府や国民は、ギリシャの進路を変更する強い決心をした」
「我々は我々の役割を果たした」


それにしてもダウが大きく続落。
dau.gif

前回安値までは噂のP&G株関連のプログラム取引のミスかなんかで下げてましたが、大きなスパンで見るとなんか調整入りの序章のような気がしてきます。
にほんブログ村 為替ブログ
続きを読む
posted by F at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

ダウ続落、しかし事故含む?!

これでNYダウは続落し、世界全体が下落傾向に入っています。確かに調整局面は必要で、おそらくタイミング的にはおかしくない時期だとは思うので大して驚きがあるわけではないのですが、昨日の下げは少しびっくりしたというか、下げ方に違和感を感じたんですよね。すごく長い下髭。1000ポイント近く動いたってのは去年大きく動いた時ですら無かったように思うのですが(記憶が定かではないですが、すんなり500ポイント程度の下げ)。
って気になってたら、ちょっとしたニュースが出てました。

米シティ、NY株急落で取引ミスの可能性を調査

これで少しずつ買い下がっていこうと思っています。
ちなみに昨夜指値を入れっぱなしにしてた12.20ってのは指さってました。
為替ブログ 南アフリカランド
ギリシャ問題から一気に世界全体へと信用収縮が起こってしまってるわけですが、米国なんかは結構楽観的なネタが出てきたりしてるわけです。また買える時期になってくるだろうと思うのですが、あとはもう買う時期、ポイントだけですよね。
続きを読む
posted by F at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

大幅下落、世界に波及



dol.jpg
おそらくGW明けの日本市場も大幅下落となることは分かってたので大して驚きはありません。おそらくたいていの人もそうなんじゃないでしょうか。ここで押し目としてみる買いもあり、まだまだ下げるとみて待つのもあり。戦略は人それぞれですが、僕はもう買い下がりに入りつつあります。本格的に買いに入れる水準とタイミングではないような気もしてるので、大きく買うことはしていませんが。

さて、ここでユロドルの予想がちらちらとネットを見てると見聞きしてきしてきたので...
為替ブログ
続きを読む
posted by F at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

指値

かねてから指値に入れてたランド円 12.20で1枚だけ入れてます。

退けるつもりはありません。

トレンドが崩れてしまってるので、このまま続けばまた以前のような買い場が訪れそうな予感です。





人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

RSSフィードアドレス
http://rss.rssad.jp/rss/dxWGWDoOvpPc/rss_0001
posted by F at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | エントリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

ダウ大幅下落

昨夜のダウが大幅に下落してました。
ギリシャ問題に端を発した信用不安がスペインやポルトガルなどにも拡大していることを受けて、欧州諸国への債務懸念が高まり、売りが先行したとのことです。ダウの今までの好調ぶりからの調整というのもあるのでしょう。医薬品関連は発表した内容が評価されて全般的に下落せず踏みとどまったみたいです。
その前に中国市場も年初来安値をつけるなど、全体的にちょっと調整色が出てきてますね。

そうそう、ユロドルが1.3ポイントを一気に割り込んできました。
為替ブログ 南アフリカランド
続きを読む
posted by F at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

ユロドルの今後

見方によってはさらに上昇するんじゃないかって思ったり、でもドルとの兼ね合いもありこのまましばらく方向感の無い展開になるんじゃないかって思ったり、ランド円のポジションをもう少し取りたいのですが、なかなか欲が出て買えません。。

radn.jpg

今までの底堅さというか強さはやはりW杯要因だったのか、それとも純粋に新興国としての期待なのかは分かりませんが、まだまだ後者の方だと思っています。最近は南アフリカの首相が訳分からん表明したりしてますが(笑)
そういやランケンさんのブログで知ったのですが、南アフリカの貿易収支が黒字だったようです。ただ不況入りしてから少し黒字化してるというのもあり、ただ単純に良いものと見ていいってことではないでしょう。
為替ブログ 南アフリカランド
さて、昨日いってたユロドルについてですが...
続きを読む
posted by F at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとしたつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

今週のドル円とユロドル、そしてそろそろ

GWに入り、二日酔いから始まりまして…妙な腹の激痛に悩まされております。。


週末にゴールドマンへの捜査を進めてると公になったことで、リスク回避の動きからダウは再び大幅反落。ドル円も前回高値にたどり着くことなく大きく反落しております。
経済指標としてはミシガン消費者指数がありましたが72.2と、前月の73.6から低下。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値は71.0だったようです。これのせいで反応したことではないと思います。

dol.jpg

もうドル高、円安方向への空気は薄れてきたでしょうか。
ここで少し気にしていることなのですが、ギリシャ問題で揺れてるユーロ...
為替ブログ 南アフリカランド
続きを読む
posted by F at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとしたつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。