:人気記事一覧:
後日まとめます。。

2010年04月23日

ギリシャ格下げとこれからの値動き

終盤に反発し、そして一時92円台まで落ちて不安定だったドル円もまた93円台に乗ってきました。ゴールドマンショックとか名付けられた問題もひとまず落ち着いたようで、少しどうにかなるようような空気が流れ始めています。まぁPPIの結果がまあまあ良かったのもあるのかもしれません。
そしてギリシャ問題ですが、大きく顔を出してきました。
昨日ムーディーズからもソブリン格付けを格下げ。「A3」とし、ギリシャが市場での信認を取り戻さない限り、一段の格下げの可能性があるとし、「ギリシャの債務は借り入れコストが従来予想よりも高い水準でしか安定しない著しいリスクがある」と指摘しています。
フィッチは今月9日、ギリシャの格付けを「BBBマイナス」
スタンダード&プアーズ(S&P)は昨年12月に「BBBプラス」
そのおかげでユーロは依然として軟調な展開が続いており、一瞬ですがユロドルで1.31まで下落してるようです。
さて、ドル円ですが...
為替ブログ
dol.jpg

先日までの調整局面から反発し、再び上向きのトレンドを形成しつつあるようです。ユロドルの軟調具合もあり、前回の94円、95円辺りまでは普通にの伸びていくんじゃないかとみています。

dolweek.jpg
為替ブログ
少しずつ、ドル円底入れの動きを出しつつあると思います。
まぁしかし頭の隅には昨日述べたように、一時騒がれてたドル円70円台ってのが年末にありそうだと仮定すると、今回の上げはギリシャ問題からユーロの信認に対してであり、それがここ数カ月で終わるとすると、この底入れ的な動きは一種のテクニカル的な騙しになってしまい、そしてこういう時こそ大きな出来事が起こって暴落につながり、今度こそ70円台に突入するんではないか。と思ったりもしています。
まぁここまで長期的な予想は意味がないわけですけど。。笑



今日の経済指標
第1四半期豪輸入物価指数
3月仏消費者支出
4月独IFO景況指数
第1四半期英GDP・速報値
3月英小売売上高指数
3月加消費者物価指数
2月加小売売上高
3月米耐久財受注
3月米新築住宅販売件数
posted by F at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/147452041

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。