:人気記事一覧:
後日まとめます。。

2010年05月21日

米国調整入りか?!

昨夜はここ数日の中で一番大きく動いたような気がします。ダウの300ポイント超の下落なんて1、2年ぶりでしょう。なんか懐かしく思いながら、したたかにも買える局面を見極めようと考えておりました。

昨日は少しここ数日と違った動きになってるようです。
なんといってもユーロが反発。110円割れから113円まで、ユロドルに関しては1.25ポイント乗せにまで反発してきました。

yurodor.jpg

これだけみると信用懸念一服として全体的に買われるかと思ったりもするのですが、それに対してドルは急落。ダウも300ポイント以上下落しました。

何故ここにきてドル、ダウは大きく下落したのでしょうか。
為替ブログ
欧州買い戻しでユロドル買い戻しにかかるドル安ですが、そうと考えるとダウの下落は説明つきません。とすると米国固有のリスクか?とみて思い当たることといえば...

:失業保険申請件数が予想外の悪化。景気回復にかかる雇用の安定化に疑問の兆候?!
:米国株に対する頭打ちの調整最終局面
:北朝鮮の魚雷に関する戦争開始懸念
:ドバイの債務削減に関する疑問から米国への影響


くらいでしょうか。
dolday.jpg

ドル円はサポートラインを割ってしまいました。こうボラティリティの高い相場になると読みずらいのですが、どこまで下落するのか見極めていきたいと思います。

しかし金相場も3日続落。原油も大きく下落。全体的に売られてしまってるのですが、そんな中でも買われてるものって何なんでしょうかね。



不透明な相場に不安もあるかもしれませんが、売られてる時にこそ買いたいものを買い、しっかりとした資産形成を成していきたいですね。
posted by F at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150576959

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。