:人気記事一覧:
後日まとめます。。

2010年05月29日

ダウ下落に?!

ダウが100ポイント超の下落です。マーケットは反発に向かうか?!なんて言われてるだけに少し幅だけみれば大きなものかもしれませんが、あくまで短期的にですが、反発の域にいるようです。

dau.jpg
にほんブログ村
ただあくまで5日線に乗っかり、25日線までの間をうろついただけのことで、昨夜の下落は全く驚くことはないでしょう。そこにうまくスペインの格下げという、半ば強引なタイミングで発表されたもので、それが一応理由付けされたように感じてなりません。
ただ、少し長期的に見た場合...
為替ブログ
dauweek.jpg

少し早いピッチで回復に向かってきたのかなという面もあるわけで、まだまだ調整局面が続くのかなとも見えます。
1万ポイント割れですが、ただただ数字の節目ということもあり、意識されていますが、そこまで大きなポイントとはならず、9000ポイントあたりでサポートされることもありうるんじゃないかと思います。
そこまでのネタの理由付けは分かりませんが、早ければ月初め第一週の雇用統計から回復鈍化に対する懸念で狙われにきたりするんじゃないか、あくまで妄想の範囲ですがそういうことも頭に入れております。



スペイン信用格付け、フィッチが引き下げる
格付け会社のフィッチはスペインの長期信用格付けを「AAA」から「AA+」に1段階引き下げ。現在の財政赤字や債務問題が中期経済成長を妨げると指摘。今更かというような気がしてなりません。どうにかしてマーケットに不安心理を与えたいのか、ひょっとすると何か裏があるのか。そんなことを思わされます。
米格付け会社フィッチ
「スペイン格付けをAAAからAA+へ引き下げ」
「スペインの短期格付けは維持」
「見通しは安定的」
「スペイン経済の改革は一段と困難に」

アイルランド銀行、UBSが格上げ
UBSはアイルランド銀行(IRE)の投資判断を「中立」から「買い」に引き上げた。株価に値頃感があるほか、同銀行の財務状況が改善傾向にあることも格上げの要因となった。
そういえばアイルランドも経済危機で政府の対応策に不信感が募り、デモにまで発展したのがつい去年のことです。ギリシャ問題も1年ほどでその程度にまで回復の兆しが少しでもみえてくるのでしょうか。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

RSSフィードアドレス
http://rss.rssad.jp/rss/dxWGWDoOvpPc/rss_0001
posted by F at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151450475

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。