:人気記事一覧:
後日まとめます。。

2010年06月19日

「強い経済」「強い財政」「強い社会保障」



やっと日本が動いたかというような気がしてきました。それでもやっぱり口だけかなというような感じも内心にはあったりするのですが、今まで我が身かわいさで消費税増税のマイナスイメージにとらわれたかのように拒否していたものを公に上げると判断し、そして法人税減税でグローバル経済で取り残されないように、やっと動き出したような気がします。
こう何回も首相が変わって、借金も増えていってそろそろ危機感をまともに感じ出したんでしょうかね。「国債を持つ者はモテる」なんてボケだことを言ってないで(笑)、外国の方々に国債を買ってもらえるような国にしなきゃなりません。

経済協力開発機構(OECD)加盟国の法人実効税率の平均は約26%。先進国の多くはこの10年間で約10%引き下げているが、日本は約40%で高止まり。産業界は国際競争力の観点から法人税率の引き下げを求めていた。同戦略を記した本文では、税率や時期については触れていないものの、近藤洋介経済産業省政務官は記者説明で、主要国並みとは25%程度であると説明しているようです。

あと気になるのは所得税ですが...
為替ブログ
お金を持った人に心地よく住んでもらうため、そして来てもらって心地よく使ってもらうためにも最高で半分も取られるような税率はやめた方がいいんじゃないか。 取られるは老後の保障も大したことはないわだと、そりゃ日本に住む意味がなくなるでしょう。
消費税を上げて万人から平等に税金を集める方向に向かい、それと同時に稼いだら稼いだだけ取られるというオカシイ所得税をやめて、稼いでたくさん買って初めて税金を納めるという形にする方が気持ちがいいでしょ。




友人が言ってたのですが、収入の少ない人ほど税率が高くなるってのはある意味いいと思います。
「あ、やべ。このままだと年収300万にも満たないから税率上がっちゃうよ〜。1カ月くらい休日にバイトでもしなきゃ」
なんていうふうになった方が逆にいいのかもしれません。年収が低いからといって決してラクしてるとはいえないと思いますが、必死こいてクビになるようなリスクを負って働いてる人や、毎日成績にツメられるような人が、税金にもツメられるようなことがあってはいけないと思うのです。
そして転職という文化をもう少しプラス化させて、企業の給与体系にも効率的になってもらわないと。「給料低いし辞めた!!割りの合うところに転職する」っていうことが普通になってくれば、結構全体として効率的になると思うんですけどね。

というように考えると、年功序列の廃止を一気に進めて、インセンティブを拡大し、若くても成績のイイ人にたくさんお金をあげて早期リタイヤメントを実施してもらい、そしてたくさんお金を使ってもらえるようになればいいと思います。

まぁこの辺にして...


ドイツがセルビアに負けて、イングランドはまた引き分け。なんか今回のW杯は結構波乱が多いですね。開催国の南アフリカはヤバそうだし。
でもこんなこというのはなんですが、開催国が早期に負けるとその分その他の国は勝ち残るわけで、それだとサポーターの滞在も長くなり、その開催国での消費に繋がる…ってことはありえるんでしょうか?!
ブログ村 南アフリカランド

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

RSSフィードアドレス
http://rss.rssad.jp/rss/dxWGWDoOvpPc/rss_0001
posted by F at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。