:人気記事一覧:
後日まとめます。。

2010年10月22日

依然としてドル安も株式市場の方は強い…

少し前に為替介入を実施し、一瞬ですが円安方向に少し戻したわけですが、今のところそれが持続するわけでもなく、介入前の水準よりも円高になってしまっています。
dol.gif
それ自体に意味があったのかは今のところ議論してもあまり意味が無いですし、確実には分かりませんからどうでもいいのですが、まぁ頑張ってその損失が確定してしまったら国民みんなで返すことにしましょう。(笑)

さて、ガイトナー米財務長官発言の「ドルが対ユーロ、円でこれ以上下落する必要はない」ということで一時的に円安方向に大きく触れました。米国の輸出強化として今まで誘導していたんじゃないかと思われていたりもしましたが、その反発も生きることなく途中で途絶えてしまいました。
とするとこの円高はやはり国の手によって動かされてるわけではなく、投機的な動きが強いんじゃないかということです。先日の米国の決算発表も底堅く、むしろ強い内容だったりもしますし、消費系もなかなかで土台はしっかりしてそうですし、建設機器メーカー最大手のキャタピラーもかなり良好でした。
ミクロでは半年前辺りから緩やかにでも持ち直してるのが見えていますし、米国は投資先としてはやはり悲観的になる必要はないんじゃないかと考えています。
まぁでもドル安で利益が飛ばされるのは駄目ですので、その辺が難しいところです。


このドヨ〜ンとした動き、なんか中国が動いてそうな気がします(笑)
先日話題になった今までの日本国債買いをかき消すような国債売り、今は米国債売りの日本国債買いとかやってたり…。日本株もそろそろ陽が当たりそうですけど、金持ち優遇のイメージがついてしまうのが凄く気に障るらしく、それならやめてしまおうって動きになってしまって相変わらずダメダメな政策が出てきて嫌われてるのでしょうか。。


posted by F at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとしたつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166700775

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。