:人気記事一覧:
後日まとめます。。

2011年02月03日

じわじわとドル安進行中

エジプト情勢に加えて金価格が下げに転じるも若干の買いが入ったりと、ドル安はジワジワと進行中であります。
aaa.jpg
最大の要因となっているのはユーロの反発でしょうか。
格付け会社S&Pによるアイルランド格下げ・見通しネガティブ継続、独当局者の欧州金融安定ファシリティー(EFSF)による国債買い戻しに否定的な発言を受けて売られるものの、ここに来て「買われている」と表現できるのもユーロと、せいぜいオセアニア通貨のようです。ドルはやはり今のところこの水準に止めておきたいという力を感じずにいられません。
モロに影響を受けて、大きく通貨に反映されてる主要通貨といえばランドでしょうか。ランド円の下落ぶりはなかなかのものですね。通貨下落を受けてスワップ金利も減ってるし…。ただ、こういった時のリスク回避に対する反対姿勢でのポジ取りはキャピタルゲインを取りにいくには良い材料ですので、見極めは難しいですが、臆せずに動いていきたいと思います。

:要人発言等:
・米国務省
「エジプトに公平な選挙求める-早ければ早い程よい」

・米国務省報道官
「エジプトは権力移行で具体的な行動取る必要」

・米財務省
「米国連邦債務、4/5-5/31に上限に達する見通し」

・中東通信社
「エジプト証券取引所は7日に取引再開へ」

・エジプト中銀副総裁
「エジプトの銀行は6日に営業再開へ」

・ファンロンパイEU大統領
「ユーロ圏にはユーロの安定を保存しようとする強い意欲がある」

・ルセフ・ブラジル大統領
「ブラジルは経済の安定を維持する必要」
「ブラジルにインフレを回帰させず」

・マンテガ・ブラジル財務相
「歳出の削減は、政策金利を引き下げへ」
「歳出削減は、減税に繋がる」
「金融政策は、歳出の削減に対応すべき」

今春からマネーパートナーズセントラル短資FXの取引ツールにシストレ機能+自動売買機能が装備される予定で、早くしてくれという感じです。。
できれば仕事で家を離れてる時にもPC(というかソフト)には仕事をしていてもらいたい。でもまぁそんなに甘くもないですよね。海外では個人のシストレが充実しているみたいですが、日本の方はまだまだ。一部すでに使えるところもありますが、逆にいえばこういうところがFX事業者として考えると伸びしろでしょうか。
どこもFXでの手数料収入減で苦労していますし、上場してるマネパなんかはシストレを機に、どれだけ回復していけるか面白いかもしれません。
ただシストレというと、かの有名な、だれでも使えるメタトレーダーというのをどれだけぶっ潰せるかという難題もあるわけで…。フォレックス・ドットコムなんて密かに強そうですし…。


posted by F at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとしたつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183915565

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。