:人気記事一覧:
後日まとめます。。

2011年03月30日

円安方向に動くも欧州関連リスク

先日のドル円70円台割り込みの最高値更新から、今は徐々に円安方向に動きつつあります。
ドルのジャブり具合もありますが、当面は円安方向が妥当だとは思いますが、現在のこの意味不明というか、不穏な空気を感じつつありますので、素直な円安もないんじゃないかと考えています。
若干ながらランド円を利確していたりするのですが(このブログの主題的には一生買い増しでポジションも複利を享受して増えていくのが普通と思われるかもしれませんが)

一方、欧州問題も依然として小出しにですが出てきております。
ポルトガルが今の主題でしょうか。ポルトガル議会が政府の追加緊縮財政策を否決したことって結構ネガティブなんじゃないかと思っています。
A-からBBBに2段階引き下げ、欧州連合(EU)サミットの結果次第では一段の引き下げもありうると警告されていました。結果的にポルトガルの格付けは担保不適格を示すジャンク級寸前になっております。

同社は格下げの理由ですが...
2013年から現在の欧州金融安定基金(EFSF)にとってかわる欧州安定化基金(ESM)の新たな条件のもとで、同国が最終的に債務再編に追い込まれる可能性が強まったため

のようです。。

どうするの?!って思うのですが、いちいち懸念材料を並べてばかりいても進みませんし、若干ながら調整を迎えてた新興国、アジア諸国のETFでも買おうかとも考えております。
しかしこの”買う”という行為に、今のマーケットの順調さを感じている楽観的な気持ちが含まれてるとすれば、一歩立ち止まって考えなければなりませんが…。


posted by F at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。