:人気記事一覧:
後日まとめます。。

2011年05月09日

先週の雇用統計結果

【経済指標】
・米・4月非農業部門雇用者数:前月比+24.4万人(予想+18.5万人、3月+22.1万人←+21.6万人)
・米・4月民間部門雇用者数:前月比+26.8万人(予想+20.0万人、3月+23.1万人←+23.0万人)
・米・4月失業率:9.0%(予想8.8%、3月8.8%)

マーケットは反応薄?!
しかしGW最中の円高にはひょっとしたらQE3もありえるんじゃないかということだけは想定しておかなければなりません。


【要人発言】
・ギリシャ政府高官
「ユーロ脱退を検討しているとの報道を否定」
・ユンケル・ユーログループ議長
「ギリシャに関する会合を本日開催するとの報道を否定」
・シーベルト独政府報道官
「ギリシャに関するEU財務相会合の開催を否定」
・国際通貨基金(IMF)
「“ギリシャがユーロ脱退を検討する”との報道にコメントしない」
・独連立与党・自由民主党高官
「ギリシャの債務再編を除外せず」
・ダドリー米NY連銀総裁
「責務完遂までには相当長い道のり」
「雇用市場は改善を見せているが、さらなる改善が必要」
「第1四半期の景気の弱さは一時的」
「石油価格の高騰、住宅価格の下落がリスクに」
「リセッション以降の米国経済の成長は緩やかなペース」
「雇用市場の低迷は2012年まで続く可能性がある」
「連銀は、インフレ期待の抑制継続を確認することが必要」
「インフレ期待は抑制」
「商品価格の上昇は一時的」
・ブラード米セントルイス連銀総裁
「連邦公開市場委員会(FOMC)は、景気回復を見極めるために政策を維持する可能性も」
「据え置きの状況下では“extended period長期に渡り”ゼロ金利政策を維持」
「据え置きが決定されればバランスシートは現状で維持する可能性がある」
「主要なマクロ経済には原油価格による危機は見られない」
「米国は、原油高からくる危機を乗り越えられる自信がある」
「金融状況は著しく緩和した」
「FOMCが現行政策を維持することが自然」

だいぶギリシャをはじめ、欧州組のネタが出てくるようになりましたが…この好調過ぎるともいえるマーケットに調整を与えるネタは何でしょうか。


posted by F at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200019776

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。