:人気記事一覧:
後日まとめます。。

2011年06月29日

ギリシャ議会での採決に注目



ギリシャ議会の採決に注目。
ギリシャ議会で緊縮財政5カ年計画が可決された場合、7月3日のユーロ圏財務相会合で120億ユーロの金融支援が決定⇒ギリシャは7月中旬以降の国債の償還・利払いの資金繰りに目途がつくことに。
日本時間21時の採決とその後のマーケットの反応に準備しておこうと思います。

要人発言等
・キング英中銀総裁
「市場はギリシャのデフォルト確立を80%とみている」
「英中銀による高い政策金利ははある地点で訪れるだろう」
「英国のインフレ率は不快なほど高い」

・レーン欧州委員
「ギリシャに対するプランB(代替策)はない」
「ギリシャにとって当面のデフォルトを避ける唯一の方法は、議会が経済計画を通すこと」

・ミクロス・スロバキア財務相
「ギリシャ議会が週末までに必要な措置を承認するかどうか、予見するのは難しい」

・メルケル独首相
「中国は安定したユーロに多大な興味があるとの見解示す」
「ユーロ圏の連帯と堅実性に向けて努力していることを中国に確信させた」

・温・中国首相
「ユーロを信用している」
「ユーロ圏の債券をある程度まで購入する用意がある」

・トリシェECB総裁
「ギリシャプログラムの調節は一番重要だ」
「ECBはギリシャ債計画には参加しない」
「ECBは強い警戒の状態にある」
「各国の中央銀行はインフレ上昇を防がなければいけない」





円安大好きな藤巻さんが新しい本を出してたようです。

【送料無料】マネー避難
今作は講義・教科書系ではなくコメンテーターとしてのような希望論?!のような感じ。
諸外国に目を向けること、特にやっぱり米国企業に投資するのがいいという論調。

まぁ値段も安いし、難しいことは書いてないので楽しくツッコミながら読める本です。
posted by F at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。