:人気記事一覧:
後日まとめます。。

2011年12月29日

イタリア国債入札への漠然とした不安感

10年間のユロドルチャート。
chart.gif
一つの節目となりそうな1.3は昨夜サクッと割れました。
ただ、こうやって見ると1.3よりももう少し下の方が実際のポイントになるのかも。指標では下落継続もありーの、反発もありーのとまちまちではないかなと思いますが。

「イタリア政府が28日実施した短期国債入札の成功を好感して上昇後、市中銀行による欧州中央銀行(ECB)への預金残高が過去最高に達したことが“依然市場が逼迫している証拠”ととらえられユーロ売りが加速。」
とあるものの、なんか少し違和感もあり違う気がします。

【要人発言】
・ECB
「先週のバランスシートは過去最高の2.73兆ユーロ」
「ユーロ圏の銀行向け融資は8791億ユーロに拡大」
・イラン海軍のサヤリ司令官
「ホルムズ海峡を封鎖し、原油輸送船を阻止することは非常に簡単」
・第5艦隊(米軍)
「ホルムズ海峡の封鎖は許容せず」
・サウジアラビア石油省高官
「もしイランが海峡を封鎖しようとするなら、サウジや他の湾岸産油国は原油供給を増やす用意がある」
・日印
「米ドルを融通し合う通貨スワップ協定の再締結」
・国際通貨基金(IMF)
「ハンガリー支援交渉の再開は未定」

posted by F at 08:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/243235243

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。