:人気記事一覧:
後日まとめます。。

2012年02月19日

ギリシャの債務削減目標

〜〜17日のニューヨーク外為市場では、ドル・円は79円22銭から79円62銭まで上昇し79円56銭で引けた。米国債券利回り上昇に伴うドル買い、欧州がギリシャ支援を承認するとの期待を受けたリスク志向の円売りが加速した。
ユーロ・ドルは1.3198ドルまで上昇後、1.3139ドルへ反落し1.3144ドルで引けた。ギリシャ支援期待にユーロ買いが加速したが、国際通貨基金(IMF)がギリシャ救済への拠出額を削減するとの観測や、ギリシャ政府が債務交換に応じない債券保有者に参加を強制する「集団行動条項(CAC)」導入を準備中だとの報道を嫌気して伸び悩んだ。〜〜

あまり欧州問題についてはよく分かっていないのですが、国民性は簡単に変えられないとすると、ただ単に数年後に延命と言うか、持ち越しただけということになるのでしょうか?!
1826年、1843年、1860年、1893年、1932年と過去5度デフォルトしているみたいですが。
先週書いた欧州債務問題に進展?!マーケット雑感from小物投資家 blog村からは問題終息(延期?)が進行してくれてるのですかね?!

最近、マーケットがそれを織り込んでるのか、だいぶ株式市場が回復してきております。
米国は中央銀行主体となって、日本はそれに釣られて。そして欧州問題が落ち着いたとすれば金融株の回復が待ってるとは思うのですが、ではそれによって指数全体が上がるのか、金融株以外の銘柄はおおよそ逆に調整に入るとかっていうのもありえるのかな?!再度全体で上昇してしまえばそれはもう…バブル突入?!

というわけで、それをふまえての投資戦略を考えている今日この頃です。。




posted by F at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。