:人気記事一覧:
後日まとめます。。

2012年02月11日

欧州債務問題に進展?!

ユーロ圏財務相会合で、ギリシャの財政緊縮策が不十分と判断されたことが嫌気されて朝方から大幅下落して米国市場は始まりました。ギリシャ政府が追加削減策をまとめ、合意へとの流れのようですが、暫定政権を支える政党の党首の1人が早くも反旗を翻し、一段の歳出削減が必要と指摘したドイツに猛反発と未だに体質的なところもあるのか、ゴタゴタが続いてるようです。
ギリシャが緊縮策で最終合意の米国株反応 ブログ村

米国株式市場は終盤に少し戻す動きとなっていました。
下げ幅からみてもまだまだ強めの様相のようにも見えますが、あまりにも順調過ぎるのでここから…というとちょっと怖い感じもあります。中央銀行主体で上げてる感というのもありますし。

【要人発言】
・パパデモス・ギリシャ首相
「ギリシャの債務不履行(デフォルト)は選択肢にない」
「第2次支援は、ギリシャのユーロでの地位を確実にする」
・米格付け会社S&P
「37のうち34のイタリアの銀行の格下げへ」
「産業、国家、経済のリスクが格下げの理由に」
「ギリシャ格付けは、債務再編とともに選択的デフォルトへ」
・バローゾ欧州委員会委員長
「ギリシャ向け2次支援は来週中にまとまる」
・バーナンキ米FRB議長
「米国の成長はいらだたしいほど遅い」
「住宅市場は、FRBの経済を底上げする努力を妨げる」
「住宅部門は深刻な不均衡に見舞われている」
「FRBは住宅市場に非常に関心がある」
「住宅差し押さえ件数は高止まり」
「住宅への投資はもはや安全ではない」




にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
posted by F at 08:16| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。